読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そういうことだったんですね

いろいろ調べたり学んだりしたことを忘れないように書き連ねています

Ruby - 順列と組み合わせのまとめ

データ分析やゲームなどでパターンの組み合わせや順列が欲しい場合が多いと思います。

Ruby では Array クラスにこれらを生成する便利なメソッドが定義されています。

組み合わせ(combination)

N個の要素からM個を取り出し、順番を考慮しないで列挙します。
comination メソッドを使います。引数に取り出す数(M)を与えます。

instance method Array#combination

 

例: 巨人、中日、阪神、横浜、東京ヤクルト、広島の6チームから試合を行うときの組み合わせ

$ irb
> %w(巨人 中日 阪神 横浜 東京ヤクルト 広島).combination(2).to_a
 => [["巨人", "中日"], ["巨人", "阪神"], ["巨人", "横浜"], ["巨人", "東京ヤクルト"], [" 巨人", "広島"], ["中日", "阪神"], ["中日", "横浜"], ["中日", "東京ヤクルト"], ["中日", "広島"], ["阪神", "横浜"], ["阪神", "東京ヤクルト"], ["阪神", "広島"], ["横浜", "東京ヤクルト"], ["横浜", "広島"], ["東京ヤクルト", "広島"]]
 

順列(permutation)

N個の要素からM個を取り出して、順番を考慮して列挙します。
permutationメソッドを使います。引数に取り出す数(M)を与えます。

instance method Array#permutation

 

例: 巨人、中日、阪神、横浜、東京ヤクルト、広島の6チームから試合を行うときの組み合わせ(ホームチームを先にする)

$ irb
> %w(巨人 中日 阪神 横浜 東京ヤクルト 広島).permutation(2).to_a
=> [["巨人", "中日"], ["巨人", "阪神"], ["巨人", "横浜"], ["巨人", "東京ヤクルト"], [" 巨人", "広島"], ["中日", "巨人"], ["中日", "阪神"], ["中日", "横浜"], ["中日", "東京ヤクルト"], ["中日", "広島"], ["阪神", "巨人"], ["阪神", "中日"], ["阪神", "横浜"], ["阪神", "東京ヤクルト"], ["阪神", "広島"], ["横浜", "巨人"], ["横浜", "中日"], ["横浜", "阪神"], ["横浜", "東京ヤクルト"], ["横浜", "広島"], ["東京ヤクルト", "巨人"], ["東京ヤクルト", "中日"], ["東京ヤクルト", "阪神"], ["東京ヤクルト", "横浜"], ["東京ヤクルト", "広島"], ["広島", "巨人"], ["広島", "中日"], ["広島", "阪神"], ["広島", "横浜"], ["広島", "東京ヤクルト"]] 

重複組み合わせ(repeated_combination)・重複順列(repeated_permutation)

N個の要素からM個を取り出すとき、重複を許し(同じものを選んでもよい)て組み合わせまたは順列を求めます。

instance method Array#repeated_combination
instance method Array#repeated_permutation

 

重複組み合わせや順列は、NやMの数が大きくなると膨大になるので注意。