読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そういうことだったんですね

いろいろ調べたり学んだりしたことを忘れないように書き連ねています

iOSアプリ覚え書き

iOSアプリ起動の仕組み

○main.m がエントリポイントで、初期処理→メインループというのは普通のGUIアプリと同じ

 

○@autoreleasepool {} ブロック中に UIApplicationMain クラスが作成される ○この中のアプリケーションデリゲートが渡される。

 

○アプリケーションデリゲートでは次の処理が行われる。  

(1) ウィンドウの用意  

(2) アプリケーションの設定  

(3) Info.plist(プロパティリスト) の読み込み

 

○画面はストーリーボードに作成していく  

(1) オブジェクト(ボタン・テキストフィールド・ラベル)  

(2) 遷移  

(3) 接続

MainStoryboard.storyboard Info.plist には MainStoryboard の部分が記述されている

 

MVCモデルを採用し、VCの部分を ViewController クラスが担う(一緒になっている)

 

ビュー ビューは階層構造である。 ビューの中にビューを配置可能(包含関係)。ラベル・ボタンもビューである。 親ビュー子ビューが存在する。 ビューはストーリーボード上で目視可能である

 

 

ストーリーボード シーンとセグエで構成される。

シーン: ViewController

セグエ: シーン間の遷移 ファーストレスポンダ シーンドッグ

 

ViewController 動作はXcodeのインスペクタを使用して調べることができる Attributes インスペクタを使用する アプリが起動後に表示されるのが InitialSceneと呼ばれる。その場合、シーンの左側に→が追記される

例)  背景色をかえる Attributes インスペクタの Backgroud 属性を変更する

 

○ビューにUIを追加

1. シーンを表示する

2. オブジェクトライブラリを開き、UI(テキストフィールド)を追加する。  

プレースホルダの文字列は place holder属性で変更可能である  

・Capitalizeなどの設定も可能(名前を入力するときなど。)

3. アクションを追加。  

・XXController.h を開く。  

・UIをクリックし、Controlキーを押しながら、XXController.h のメソッド記述部分にドラッグする  

・ポップオーバー画面が開くので接続(Connection), メソッド名(Name) changeGreeting: (必ず:で終えること)を追加する

4. アウトレットを追加  

・アウトレットは2つのオブジェクト間の接続のこと  

・ViewControllerから参照できるようにして値の変更などを行う  

・アウトレットの追加方法もアクションと同じ。ポップオーバー画面で接続(Conection)の値に注意