読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そういうことだったんですね

いろいろ調べたり学んだりしたことを忘れないように書き連ねています

chef - git レポジトリを扱う


最近のアプリケーションは git clone してパスを設定するだけ、
というものも増えてますが、chefにも git リソースがあります。

git のリモートリポジトリと同期をとり、更新を検出してくれる
点で execute リソースより優れています。

git "/home/hogehoge/somehoge" do
  repository "https://github.com/deratame/somehoge.git"
  revision "master"
  user "hogehoge"
  group "hogehoge"
  action :sync
end

actionについてですが、
:syncは、ローカルリポジトリが存在しなければclone、それ以外は更新
:checkoutは、ローカルリポジトリが存在しない場合のみcloneを行い、それ以外は何もしない
:exportは、そのまんまexport
です

revision(reference)で、ブランチを指定します。未指定の場合は HEAD です。

notifies と組み合わせれば、更新した場合にコマンドを実行させることができます。

git "/home/hogehoge/somehoge" do
  repository "https://github.com/deratame/somehoge.git"
  revision "master"
  notifies :run, "execute[command]"
end

execute "commend" do
  cwd "/home/hogehoge/somehoge"
  command <<-EOF
  ./refresh.sh
  EOF
  action :nothing
end

なお、デプロイを行うには git ではなく deployリソースがあります。
deployリソースを使うと、webアプリケーションのデプロイの流れ、
checkout して、DBをマイグレーションし、シンボリックリンクを張り替え、再起動するという制御ができます。